審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

被せ物について > ブリッジについて(兵庫県 34歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:被せ物について > ブリッジについて

歯周病の影響で右上前歯1番が抜けてしまいました。ブリッジを考えていますが、歯並びが悪く、抜けた隣の歯が傾いている状態です。綺麗にブリッジは出来るでしょうか?
二年程前、歯医者に通っていた時に、歯全体がひどい歯周病だと言われました。
つい先日、その歯周病の影響で右上前歯1番が抜けてしまいました。ブリッジを考えていますが、歯並びが悪く、抜けた隣の歯が傾いている状態で綺麗にブリッジは出来ますか?
ご見解よろしくお願いします。

[兵庫県 34歳 男性 会社員]

被せ物について > ブリッジについて

ご質問ですが、まず「歯周病の状態がどの程度まで進んでおられるのか?」が重要です。二年程前にひどい歯周病だと前の先生に言われており、歯が自然に抜けてしまったということであれば、ブリッジの土台となる他の歯の状態が良くない事が懸念されます。
歯を支えている骨の量があまりにも少ないようであれば、ブリッジ自体の適応から外れてしまう可能性もあります。適応外であれば、取り外し式の義歯(いわゆる入れ歯)や、インプラントを考える必要があります。
次に、歯周病の状態が問題無い状態であるとすれば、患者様が、どこまで綺麗な状態を望まれているかです。
歯周病があれば、残っている歯がグラグラしていたり、傾いていたりしていることが考えられます。また、歯茎が減ってしまっている事も考えられる為、形を作るのに支障が出る場合があります。
できれば歯科に受診されて状態を確認してもらう事が良いと思います。
最後に一番重要なのは、なぜひどい歯周病になってしまったのかです。34歳という若いお年で歯が抜けてしまったのであれば、今後他の歯にも同じようなことが起こる可能性が十分に考えられます。原因を解決しておかなければ、ブリッジの治療を終えられてもすぐに駄目になってしまう可能性がありますので、歯周病の治療をきっちり受けられる事が必要だと思われます。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です