審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

詰め物について > その他(東京都 21歳 女性 学生のQ &A)

カテゴリ:詰め物について > その他

奥歯の詰め物を、セラミックインレーに置き換えたいと思ってます。
技工士さんが手作業で作る方法と、コンピューターで作る方法で迷ってます。
精密さ、色の適合、強度で比較して教えて下さい。
奥歯の詰め物を、セラミックインレーに置き換えたいと思ってます。

型取って技工士さんが手作業で作る方法(8万円〜12万円くらいの純正のもの)と、セレック3の様なコンピューターで作る方法で迷ってます。
精密さ、色の適合、強度で比較して教えて下さい。

[東京都 21歳 女性 学生]

詰め物について > その他

セレック3と技工士の製作するセラミックインレーの違いですね。
セレック3の解説から致しましょう。
セレック3は三次元光学データー入力(光学印象)の機能をセレック2(一世代前)のものとくらっべて大幅アっプさせ、
画像解析の誤差を自動補正する機能も付いた事で、製作物の適合性が良くなっています。
しかしながら口腔内カメラでデーターを撮影して取り込む際に、術前、術後でカメラの位置の狂いで誤差が出やすいです。
技工士の製作するインレーと比較した場合、格段に適合性、精密度、審美性は技工士の製作したもののほうがいいと思います。(技工士の腕にもよりますが)強度は同等だと思います。
セレックの最大の利点はその日に製作物が装着できるという点です。
1週間仮の詰め物を我慢していただけるのであれば、技工士の製作するセラミックインレーのほうがよろしいのではないでしょうか。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です