キレイな歯のために

歯ブラシの選び方―あなたはかため?やわらかめ?ふつう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ほとんどの歯ブラシは「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3つに区分されていますが、みなさんは普段、どのタイプの歯ブラシを選んでいますか?

少し前はかための方がしっかりと磨けるといった話もあったようですが、実際はどんなブラシがいいのでしょうか。

歯ブラシの選び方―あなたはやわらかめ?ふつう?かため?

「かため」がいい人は?

「かため(ハード)」に分類される歯ブラシは、健康的な歯ぐきであり、なおかつブラッシング圧が元々弱めの人にオススメです。また、手が障害などで上手く力が入らない方も使うと良いでしょう。

ブラッシングの力の強い人が、「かため」の歯ブラシを使うと、歯ぐきを傷つけてしまいやすくなります。そうすると、歯磨きをすることが知覚過敏や歯ぐきの下がりにつながることもあるので要注意。

特に歯周病がある人は、炎症を起こして弱っている歯ぐきを、かたいブラシでゴシゴシ磨くことはオススメできません。

外科処置を受けた人も歯ぐきが敏感な状態なのでかための歯ブラシを使用するのは避けた方が良いでしょう。

「やわらかめ」がいい人は?

「やわらかめ(ソフト)」は口内トラブルがある人向けです。

例えば歯肉炎、歯周炎、知覚過敏がある人や、外科処置を受けたばかりの人は「やわらかめ」の歯ブラシを選びましょう。

元々ブラッシング圧が強い人の場合も、余分な力が入り過ぎて歯ぐきが傷ついてしまうことを防ぐため「やわらかめ」を選ぶといいかもしれません。

1日に3回以上や長時間の歯磨きをする人なども、ソフトなタイプの歯ブラシを使ったほうが、歯や歯ぐきへのダメージは軽減できるでしょう。

一般的には「ふつう」がおすすめ

ご紹介した「かため」「やわらかめ」がオススメな人に該当しないなら、「ふつう(ミディアム)」を選んでおきましょう。

歯を磨く時は力を入れ過ぎないよう鉛筆を持つような持ち方で、細かくブラシを動かすのがポイントです。

また、これはどんな歯ブラシでもそうですが、ブラシの毛先が広がってしまうと歯垢を落とす効果が弱まってしまいます。

毛先が広がってきたらできるだけ早めに取り替えましょう。すぐに毛先が広がってしまうという方は、ブラッシングの力が強すぎる可能性があります。

そして毛先が広がっていなくても、衛生的には月に1回の頻度で歯ブラシを取り換えることをオススメします。

良い歯ブラシって?

良い歯ブラシの条件というのは、歯や歯ぐきを傷つけず、歯垢をキレイに落とすことができ、適度な力でブラッシングできるものです。

でも、歯や歯ぐきの状態、歯並びや歯磨きのクセなどは人それぞれ違いますよね。

つまり、自分の状態に合わせてブラシの硬さだけでなく、サイズや形も最適な歯ブラシを選択することが、健康的な歯とお口を維持する重要なポイントなのです。

もし自分に合った歯ブラシや歯磨き方法がわからないという場合は、遠慮せずに歯医者さんで聞いてみましょう!

※治療結果は患者様によって個人差があります。

>PMTC(自費の歯のクリーニング)ができる《東京都》おすすめ歯医者さんはこちら

>PMTC(自費の歯のクリーニング)ができる《大阪府》おすすめ歯医者さんはこちら

>ホームケアについて知るはこちら

ホワイトニングができる歯医者さんを探そう!

03_ホワイトニングにかかる費用


歯医者さんで行う歯のホワイトニングは、健康保険が適用されない施術のため「自費診療」となります。また、ホワイトニングの方法は歯医者さんによってもかかる費用は変わってきます。


白い歯には憧れるけど、実際問題、お金はどのくらい必要?


ホワイトニングを行っている歯医者さんをチェックしてみましょう!


全国の審美歯科医院を探す

CONTENTS CATEGORY