審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ブリッジに使う被せ物の種類(奥歯)

2018.07.17

ブリッジ治療は失ってしまった大切な歯のかわりに、食べたり会話をしたりという機能の回復を目的とする治療ですが、お口元の見た目を回復するということも大切です。ここでは、奥歯のブリッジ治療に使われる被せ物の種類について、それぞれの特徴をご紹介します。
前歯のブリッジ治療に使われる素材についてはこちらから

メタルボンド(自費治療)

・金属のフレームにセラミックを貼っている
・金属を使用しているので、奥歯に使用しても十分な強度がある
・自然なツヤがあり、着色や黄ばみが起こりにくい
・保険が適用できない

金属冠(自費治療)

・金合金やプラチナの合金を使用している
・十分な強度で硬すぎず柔らかすぎず、歯にフィットする
・噛み合う歯を傷めにくい素材・保険が適用できない
・金色なので、審美性は劣る

銀属冠(公的医療保険)

・保険が適用できる
・いわゆる銀歯
・金属のフレームを使用しているので強度はある
・銀色なので、審美性は劣る