審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

オールセラミッククラウンの治療の流れ

2018.07.17

公的医療保険適用の差し歯からセラミッククラウンに作り替えた症例を2つご紹介します。

【症例1】

初めての来院:お口の中の検査とカウンセリング

初めての来院:お口の中の検査とカウンセリング
初診来院時のお口の中です。
前歯(向かって右側)が若干黄色がかっているのがおわかりだと思います。この前歯の色が気になるとのことで来院されました。この歯は数年前に治療され、前装冠(公的医療保険適用の白い歯)を入れてあります。

治療開始

治療開始:以前治療された前装冠の除去・隣の歯の虫歯治療・土台を造る治療
前装冠を除去してみました。
矢印の部分に虫歯があるのがわかります。この隣接面カリエスには、虫歯の進行も浅かったので、悪い部分を削りとって、コンポジットレジン修復(公的医療保険適用の診療)を行いました。

土台作り(ファイバーコア築造)

その後、オールセラミッククラウンを装着するために、土台作り(ファイバーコア築造)を行いました。
土台も、隣接歯の虫歯もとてもきれいな仕上がりになりました。

オールセラミッククラウン装着

オールセラミッククラウン装着
オールセラミッククラウンを装着しました。
他の歯との色のバランスも良くなり、ご自分の歯と比べがつかないような仕上がりです。

【症例2】

お口の中の検査とカウンセリング

初めての来院:お口の中の検査とカウンセリング
初診来院時のお口の中です。
以前治療した前装冠(公的医療保険適用の診療)の歯ぐきとの境目に隙間ができてきています。そのため、その部分の黒ずみが目立ってきました。患者様はこの部分が特に気に なるとのことでしたが、合わせて他の歯との色の違いも気にされているようでした。

前装冠の除去・土台を造る治療

治療開始:以前治療された前装冠の除去・土台を造る治療
前装冠を除去し、オールセラミッククラウンを装着するために、土台作り(ファイバーコア築造)を行いました。

オールセラミッククラウン装着

オールセラミッククラウン装着
オールセラミッククラウンを装着いたしました。歯ぐきとの境目の黒ずみも解消され、色合いも含めてきれいな仕上がりになりました。

記事ご協力
院長 : 武藤 実

上高井戸歯科 六本木

院長 : 武藤 実 この医院の情報を見る