審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ホワイトニング後のアフターケア

2018.07.17

ホワイトニングを行うと、歯が白くなりますが、半年くらいから徐々に色が戻り始めるといわれています。
せっかく白くした歯を長持ちさせるには、ちょっとしたコツやアフターケアが必要となってきます。
ここでは、ホワイトニングをされる前の方にも、ホワイトニングをされた方にも知っていただきたいことをご紹介します。

ホワイトニング直後の歯の状態

ホワイトニング直後は、エナメル質をおおっていた「ペリクル」という膜が剥がれた状態です。ペリクルが剥がれている状態では、歯の表面に色素物質が入りやすい状態となります。
こういった状態の時に、色の濃い飲食物を食べたりや喫煙、口紅などは急激に再着色を起こしやすいので注意が必要です。
また、このペリクルは12時間から24時間かけて再生されるといわれていますので、ペリクルが再生されるまでは注意が必要となってきます。

ホワイトニング直後は避けたい飲食物

・ポリフェノールを多く含む食品
赤ワイン、大豆、ぶどう、ココア、チョコレート、ブルーベリー
・お茶など
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラ
・色の濃い食品
カレー、しょうゆ、ケチャップ、ソース、ほうれん草
・そのほか着色料を使用した食品

ホワイトニング後におすすめの飲食物

・白い食べ物や色の薄い食べ物
牛乳、白味噌汁、水、白ワイン、ご飯、パン、カルボナーラなどホワイトクリーム、白菜、白身魚、うどん、しらす、大根
など

ホワイトニングの効果を長続きさせるために

・虫歯の予防と同じように、色素の沈着を防ぐための歯磨き
・定期的なクリーニングを行う
・ホワイトニング効果はずっと続くものではないので、年に1~2回のホワイトニングを行う
・オフィスホワイトニングの方であれば、ホームホワイトニングを行うことで再着色を遅らせることができます
※ホワイトニングの効果の持続については、食習慣や歯質などによって個人差があります。