審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美性が高く自然に見える入れ歯

いかにも入れ歯という感じが気になります。
もっと自然に見える入れ歯はありませんか?

入れ歯治療とは、虫歯や歯周病などの病気で失ってしまった歯や歯ぐきを着脱式の装置で補っていく治療法です。

一般的な入れ歯では、既製の人工の歯をそのまま使い、歯ぐきの部分(床)はピンク1色のプラスチックにより作られます。このため、天然の歯や歯ぐきとは違って作り物でいかにも入れ歯という感じがしてしまい、見た目が気になるという方は沢山いらっしゃると思います。

最新の治療法により、入れ歯の基本的に求められるしっかり噛めるという性能を定着しつつ、見た目にも美しい治療が出来るようになってきました。

歯ぐきの部分(床)の審美加工
(ジンジバルキャラクタリゼーション)

天然の歯が生えている歯ぐきは、歯の根っこに沿って歯ぐきが盛り上がっており、非常に立体感に富んでいます。
従来の入れ歯では、床の部分はピンク1色であったため、立体感がなく、いかにも入れ歯という感じがどうしても出てしまいました。床のジンジバルキャラクタリゼーションと呼ばれるオーダーメイド加工を行うことで、歯ぐきらしい立体感を表現することが可能です。

ジンジバルキャラクタリゼーションは、歯ぐきの色のついた硬質レジンと呼ばれるセラミックスの粉とプラスチックを混ぜ合わせた材料を手作業で盛り付け、入れ歯の表面に手作業で歯ぐきの自然な感じを表現する方法です。

 width= width=

写真は、ジンジバルキャラクタリゼーションを行った入れ歯ですが、立体感があるため、ぱっと見は本物の歯ぐきのように見えてしまうほどです。

人工の歯の審美加工
(キャラクタリゼーション加工・オーダーメイド人工歯)

天然の歯は、年齢とともに磨り減ったり、変色・着色したり、ひび割れが入ったり、実際はかなり複雑な色や形をしています。
入れ歯の人工の歯はきれいですが、あまりにきれい過ぎて逆に不自然な感じが気になってしまうという方もいらっしゃると思います。また、部分入れ歯の場合は、残っている歯との調和がとりづらいことがあります。

まずひとつの方法としては、既製の人工の歯にキャラクタリゼーション加工を行うことにより、歯の着色やひび割れ等、自然な感じを出すことができます。
キャラクタリゼーション加工だけでは天然歯との調和が難しい場合、既製の人工の歯を使用せず、オーダーメイドの人工の歯を作ることもできます。

 width=

写真は、オーダーメイドの人工の歯を製作した症例です。写真の症例では、ご自身の歯の色が暗く、透明感が強い歯であるため、既製の人工の歯では対応できませんでした。

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

以上の入れ歯に対する審美加工は、見た目に関する治療であるため、いずれも健康保険適用外です。どの加工法も非常に繊細でより高い歯科技工技術(まさに職人技)が必要であり、習得が難しく、現状では取り扱っている歯科医院は限られています。
また、既存の入れ歯に対して、入れ歯の審美加工を行うことは出来ず、新たに製作する入れ歯に対しての加工になります。

執筆者
山下歯科
院長 : 山下英明
医院紹介ページ >>

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る