審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

いろいろなデンタルケアグッズ、歯ブラシの紹介

歯ブラシ、ワンタフト、歯間ブラシ、デンタルフロスの特徴

歯の大きさや歯並び、歯肉の状態は人それぞれ異なります。お口の状態や目的に合わせて適切なブラシを選ぶことが大切です。
歯科衛生士(またはドクター)に適切なブラシのタイプと使用方法の指導を受けましょう。
いつまでも健康なお口を保つために、ご家庭でのブラッシングでは落としきれない、歯石や着色を落とすことができる、歯科医院でのクリーニングもお勧めです。

歯ブラシ 歯ブラシ
一般的に使用する歯ブラシです。
ブラッシングのコツは、上顎の歯と下顎の歯を分けて、丁寧に往復磨きすることです。

ワンポイント歯ブラシ(ワンタフト歯ブラシ、ミニポイントブラシ) ワンポイント歯ブラシ(ワンタフト歯ブラシ、ミニポイントブラシ)
歯を1本ずつ磨きやすいコンパクトなヘッドで、毛束が1つで山形の形状になっているのが特徴の歯ブラシです。
他の歯ブラシでは磨きにくい、歯と歯の隙間や、歯と歯肉と歯の堺目、複雑な矯正装置の間のブラッシングに適しています。

歯間ブラシ 歯間ブラシ
歯ブラシやワンポイント歯ブラシでは落としきれない歯と歯の間のプラーク(歯垢)や汚れを落とすときに使用します。
ただし、サイズが合わない歯間ブラシを使用したり、やり過ぎたり、誤った使い方をしていると、歯肉を傷めたり歯と歯の間に隙間を作ってしまう恐れがありますので、適切な使用方法とサイズを歯科医院確認しましょう。

フロス(イラストは柄つきのタイプ) フロス(イラストは柄つきのタイプ)
ブラシの行き届かない歯と歯の間の汚れやプラーク(歯垢)を落とす糸状の道具です。
フロスにワックスがついているものや、持ちやすいように柄がついているものなど様々なタイプがあり、患者さんのお口の状態や使いやすさを考慮して選びます。

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る