審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯の土台の治療に用いられる素材

大きな虫歯や歯の破折、再治療などにより歯に十分な量の歯質が残っていない場合の治療として、人工の歯の土台(コア)で歯を補強する必要があります。
歯質があまり残っていない歯にクラウン(被せ物)をつけても、すぐに取れたり残っている歯が割れたりしてしまう場合もあり、歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、とても重要な治療です。

歯の土台(コア)には、ファイバーコア、レジンコア、ゴールドコア、メタルコアなどがあります。
審美治療では、治療色や強度、体に優しい素材など目的に合わせ素材を選ぶことができます。

ファイバーコア

グラスファイバーのピンで補強したレジン(プラスチック)の土台です。歯質とより近い性質なので、メタルコアと比較すると歯質や接着剤とも一体化しやすいのが特徴です。
硬さや弾力性が自然な歯に近いので強い力がかかった場合も歯根を壊しにくく、歯質の大部分を失った歯の治療により適した土台です。

ファイバーコア
長所
  • 硬さや弾力性が天然歯に近いので、歯根が破折しにくい
  • 光の透過性があり歯に似た白さのため、透明感のある歯を再現できる
  • 強度が高く、耐久性がある
  • 金属を使用しないので、歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がない
  • 歯を削る量が比較的少ない
短所
  • 保険が適用されないため、レジンコアやメタルコアより費用がかかる

レジンコア

金属のピンで補強した保険適用のレジン(プラスチック)の土台です。

レジンコア
長所
  • 保険が適用されるため費用が安い
  • 歯を削る量が比較的少ない
  • メタルコアより歯根が破折する危険が少ない
  • 金属の溶け出しによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配が少ない
短所
  • ファイバーコアより弾性や強度、耐久性が低い
  • 金属による暗い影があるため、ファイバーコアより透明感が劣る

ゴールドコア

ゴールドコアは、金合金(20K)や白金加金(PGA/プラチナ加金)などの貴金属を使用した保険適用外の土台(コア)です。

ゴールドコア
長所
  • 強度が高く、耐久性がある
  • 金属の溶け出しによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配が少ない
短所
  • 硬く弾性がないため、歯根が破折することがある
  • 保険が適用されないため、レジンコアやメタルコアより費用がかかる
  • ファイバーコアやレジンコアより歯を削る量が多い
  • 光が透過しないため、自然な透明感を再現しにくい

メタルコア

保険治療で最も一般的に使用されている金属の土台(コア)です。

メタルコア
長所
  • 保険適用のため治療費用が安い
  • コアの強度が高い
短所
  • 金属は歯より非常に硬く弾性がないため、歯根が破折することがある
  • ファイバーコアやレジンコアより歯を削る量が多い
  • 金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がある
  • 金属なので光が透過しないため、自然な透明感を再現しにくい

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る