審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ヒアルロン酸注入療法でブラックトライアングルを改善

ヒアルロン酸注入療法とは?

人間の体内にある成分の一つに、ゼリーのような弾力を持つ成分「ヒアルロン酸」があります。ヒアルロン酸注入療法とは、年齢とともに減少するヒアルロン酸を、気になる箇所に部分的に注入することで、ハリや弾力を与える治療法です。お顔の法令線やお口周辺のしわ、唇、口角、歯肉などの改善にこの治療が行われます。

加齢などで下がった歯肉ラインを改善する場合、ヒアルロン酸を 歯肉 の数ヵ所に注入します。ヒアルロン酸の注入を繰り返し行うことで、歯肉のコラーゲン繊維の形成を促進させ、歯肉の炎症も起きにくくなります。
当院では、症状や目的によって、使用するヒアルロン酸の種類を使い分けています。ヒアルロン酸は、メーカーや製品によって、原材料や配合成分が異なるため、あらかじめ担当医に、治療内容やメリットやデメリット、薬品が使用できない方の条件(妊娠・授乳中など)などを確認しましょう。

ヒアルロン酸注入療法によるブラックトライアングル改善の症例

治療前の口腔内写真を見ると、前歯や小臼歯と歯肉の間にできている ブラックトライアングル が目立ちます。
ヒアルロン酸注入を行った後は退縮した歯肉のハリ・弾力が改善し、黒い三角形に見えていた隙間が埋まりました。
ヒアルロン酸注入法によるブラックトライアングルの症例 治療前(正面)
▲ 治療前(正面)
ヒアルロン酸注入法によるブラックトライアングルの症例 治療後(正面)
▲ 治療後(正面)
ヒアルロン酸注入法によるブラックトライアングルの症例 治療前(側面)
▲ 治療前(側面)
ヒアルロン酸注入法によるブラックトライアングルの症例 治療後(側面)
▲ 治療後(側面)
※治療の効果は症状により個人差があります。
治療内容 ヒアルロン酸注入療法
治療費用 0.1cc ¥10,500〜
(注入量の目安は、1ヵ所につき0.2〜0.4ccです)
持続期間の目安 16日〜21日で周辺組織に吸収され、6ヵ月〜12か月の間効果を継続させます。
使い続けることによって、継続期間は長くなります。

アイエスデンタルクリニック
資料提供
アイエスデンタルクリニック
院長:石田 智子 先生
医院紹介ページ >>

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る