審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美治療と医療費控除

税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ってきます。
審美治療にかかった費用は、医療費控除の対象になります審美治療は、自由診療であるため、治療費が高額です。すべての治療費を患者様自身で負担することは、なかなか簡単なことではありません。
審美治療の費用は、医療費控除の対象になるのでしょうか?結論から言うと、審美治療にかかった費用は、医療費控除の対象になります!

税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ってきます。審美治療等の治療費を計算する際には、費用負担軽減のためにも、ぜひこのことを念頭においてお考えください。そして、診療を行った場合は忘れずに確定申告時に申請してください。
場合によってはかなりの控除額になりますので、利用しない手はないでしょう。

医療費控除の対象になるもの

  • 保険の負担分(3割負担であればその支払い分)
  • 投薬があれば、薬局で支払った薬代、薬局で購入した歯痛止めなどの医薬品
  • 自由診療による治療費(金歯、金冠、メタルボンド冠セラミッククラウンなど自費の詰め物や被せ物、自費の入れ歯など)
  • インプラントの費用
  • 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療費
  • 親知らずの抜歯
  • 発育段階にある子どもの歯並びの矯正
  • 成人の噛み合わせや機能改善目的の矯正
  • 通院、入院のための電車、バス、タクシー代
  • 歯科ローンにより支払った上記治療費
など

医療費控除の対象にならないもの

  • 歯を白くするためのホワイトニング治療
  • 美容目的の歯列矯正
  • 健康診断費用、診断書作成費用
  • 入院時の個室使用の差額ベッド代
  • 遠隔地通院の宿泊費
  • 眼鏡やコンタクトレンズ
  • 美容外科手術
  • 健康増進の為の健康食品やビタミン剤
  • 歯科ローンの金利、手数料など
  • 通院時に自家用車を使用した場合の駐車料金、ガソリン代
など
※税務署の認識によっては認められない項目もありますので、各税務署で確認をしてください。

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る