審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯を白くする(ラミネートべニアとセラミッククラウン)

通常歯を白くする方法として、ホワイトニングなどがあげられますが、テトラサイクリンなどのようにホワイトニングで満足のいく効果が出ない場合もあります。
そのような場合、歯を白くする方法として「ラミネートべニア」と「セラミッククラウン」があります。どちらも自分の歯を削り、表面にセラミックなどを装着します。

ラミネートべニアで歯を白くする

ラミネートべニア

ラミネートべニアは、歯の表面のエナメル質を薄く(0.5mm程度)削り、その上に貝殻状のセラミックを接着させる治療方法で、簡単に言うと付け爪のようなもので、歯の色を白くします。
また、歯の形を整えたり歯と歯の間の隙間をなくしたりと小範囲の歯並びの改善にも用いられる治療方法です。
歯を削る量が少ないので、歯にかける負担が少なくクラウンと比べて治療にかかる期間や費用も抑えられますが、色調の改善に限界があります。

セラミッククラウンで歯を白くする

クラウン

クラウンは、歯の表面全体を削りその上から被せものを装着する治療方法で、歯の色や強度、歯並びなどラミネートべニアでは対処できないようなケースに向いています。症状によっては、象牙質まで削る場合もありラミネートべニアに比べると削る部分が多くなります。

また、クラウンの種類として、内側に金属を使用する「メタルボンド」とセラミックだけで作られた「オールセラミック」があります。
メタルボンドは現在でも一般的なものですが、金属アレルギーなどを持っている方には適用できません。オールセラミックですと金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも適用でき、より自然な歯の色を再現することができます。


制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る