審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯医者さんでもらうお薬について(4) -お薬の種類-

お薬にも様々な種類があります内科や外科など他科で処方されるお薬と同じように、歯科医院でもらうお薬にも様々な種類があります。また、用法や用量、気をつけておきたいこともあります。あらためて確認してみましょう。

内服薬

錠剤

薬を圧縮して固形にしたものです。多くの錠剤は胃で吸収されます。効果があらわれる箇所や時間が異なってしまうのを防ぐためにも、砕いて飲まないようにしてください。必ずコップ1杯くらいのお水で飲みましょう。

粉薬(散剤)

カプセル剤や錠剤と違い早く吸収され効果も早く現れます。お薬が食道に残ってしまわないようにコップ1杯くらいのお水で飲みましょう。

カプセル

カプセルの厚さがそれぞれ異なり、効いてほしい箇所や時間を設定して作られているので、カプセルを開けて中の薬だけ飲むことは厳禁です。必ずコップ1杯くらいのお水で飲みましょう。

顆粒

粉薬とは異なり粒のまわりを糖分でコーティングしている薬です。噛み潰してしまうと、コーティングが壊れてしまい薬の効果が現れる箇所や時間が異なってしまうので、そのままお飲みください。必ずコップ1杯くらいのお水で飲みましょう。

うがい薬

液体をそのまま使うものと、液体を水で薄めるもの、顆粒または錠剤を水で溶かして使うものがあります。

塗り薬

粘膜や舌などの患部に直接塗ります。手をきれいに洗い、患部の唾液を軽くぬぐってから塗ります。より効果をえるために塗った後は、しばらく飲食を控えましょう。

貼り薬

傷や炎症、刺激から保護するために貼ります。貼るとジェル状になるものや、錠剤などがあります。貼った後しばらくは飲食を控えましょう。

スプレー

乾いた口(ドライマウス)の保湿や殺菌のために、口の中に直接スプレーします。

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る