審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

働く男性のための審美治療 (1)

働く男性のための審美治療「審美歯科」と聞くと、その対象が女性であるように思うかたもいるかもしれませんが、そうではありません。
健康保険の範囲内の治療では、悪くなった部分を治療することを目的としていますので、使用する材料や治療方法が限られ、見た目についてはあまり考慮されません。健康保険の範囲外となる場合は全額自己負担で治療を受ける「自由(自費)診療」となります。自由診療の材料や治療方法を選択する場合は、費用負担が大きくなりますので、ご検討の際は歯科医師やスタッフとよくご相談ください。
ここでは、働く男性が抱えがちなお口に関する悩みと、その治療方法について年代別にご紹介します。

20代の男性のかた

高校卒業以降、年に一度の集団検診を受けることもなくなるため、何かお口の悩みが生じたときに相談しやすい環境を作っておくことが大切です。
また社会人となり、多くのかたと対話する機会が増え、歯並びについて気になりだしたかたもいるのではないでしょうか。
仕事をしながら、他人に気付かれずに歯並びを治療したいかた

30〜40代の男性のかた

20代までに治療した歯に、何か問題が起こる頃ではないでしょうか。ご自分の歯も、治療をした歯も、長く使い続けられるようにメインテナンスしておきましょう。
歯の色が気になっているかた
歯茎が黒ずんできてしまったかた

50代以上の男性のかた

30〜40代までの間に治療を繰り返した歯に、再び問題が起こり始める頃ではないでしょうか。治療を繰り返した歯は薄くなり、歯のヒビ割れが起こりやすく、歯の不具合を感じた時には、抜歯を余儀なくされることもあるでしょう。また、加齢とともに全身疾患を持つ割合が増え、例えば糖尿病のため免疫力が低下し歯周病になりやすいなど、身体の状態がお口に何らかの影響を与えることがあります。
口臭が気になるかた
部分的に歯を失ってしまったかた

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る