審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

働く男性のための審美治療 (4) -50代以上の男性のかた-

働く男性40代までの間に虫歯などの治療をした歯が、再び問題を起こし始める頃ではないでしょうか。治療を繰り返した歯は薄くなり、歯のヒビ割れが起こりやすくなります。歯の不具合を感じた時には、抜歯を余儀なくされることもあるでしょう。
このような事態を防ぐために、定期的に歯科で検診を受け、歯のトラブルを回避できるようにしておきましょう。また、加齢とともに全身疾患を持つ割合が増え、糖尿病などのため免疫力が低下し歯周病になりやすいなど、身体の状態がお口に何らかの影響を与えることがあります。その逆もしかりで、 歯周病 が心疾患や脳卒中のリスクを高めるなど、お口の状態が身体に悪影響を及ぼすこともあります。
日頃からお口の中を歯磨きで清潔に保ち、行き届かない部分は歯科でクリーニングを受け、健康を維持しましょう。

口臭が気になるかた

【入れ歯をご使用でないかた】
口臭が気になるかたは、虫歯や歯周病、歯のヒビ割れ、過去に治療した インレー (詰め物)や クラウン (被せ物)が合っていないことなどが考えられます。また、加齢により唾液の量が減り、歯周病が進行しやすいお口の状態になっているかもしれません。気になるかたは、お口全体の状態を、歯科で一度確認してみてはいかがでしょうか。

【入れ歯をご使用のかた】
自分の歯が残っているかたは、部分入れ歯の金具をかけている歯に汚れが残りやすいので、お口の中も丁寧にブラッシングを行いましょう。入れ歯のお手入れは、力を入れずに義歯専用ブラシで汚れを落とし、就寝前には入れ歯洗浄剤を入れた水の中で保管すると軽減できます。ただし、健康保険の範囲内のプラスチック製の入れ歯は、汚れや着色が付きやすい材質であるため、臭いがつきやすい問題があります。気になるかたは保険外の材料で作る入れ歯や、失った歯の代わりにチタンをあごの骨に人工の歯の根を埋め込む「 インプラント治療 」をご検討されてはいかがでしょうか。

歯科ドック(デンタルドック)

部分的に歯を失ってしまったかた

歯を抜いた後の選択肢としては、失った歯の両隣の歯を支えとする部分入れ歯か、失った歯の両隣の歯を削り支えとする ブリッジ か、あごの骨にチタンを埋め込むインプラントとなります。どの治療方法が適しているかについては、担当の歯科医師にご相談ください。
入れ歯
▲ 入れ歯
ブリッジ
▲ ブリッジ
インプラント
▲ インプラント
歯を失った方の治療(1)
歯を失った方の治療(2)-ブリッジ-
歯を失った方の治療(3)-インプラント-
歯を失った方の治療(4)-部分入れ歯-

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る