審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

差し歯について(1)

差し歯とは「クラウン治療」のことです

差し歯とは、虫歯などで大きく歯を削ったときに、金属やセラミック クラウン で覆う治療の一種です。よく「差し歯」といわれるものは、この治療のことをいいます。
差し歯にできるのは、まだ歯の根に土台を入れられる・歯として使える状態で残っていることが条件です。 歯を抜かなくてはならないくらいに症状が進行していたり、歯が無い場合は、差し歯にできない状態だといえます。

現在の差し歯1
▲ 図1. 神経は残して、自分の歯に
クラウンをかぶせた場合
現在の差し歯2
▲ 図2. 神経をとって、土台(コア)を
入れて、クラウンをかぶせた場合

なぜ「差し歯」といわれているの?

昔の差し歯
▲ 図3. コアとクラウンが
一体型になっている
しかし、なぜ「歯に被せる」治療なのに「差し歯」といわれているのでしょうか?

現在行われているクラウンを使った治療の場合、歯とクラウンの構造は先ほどの図(図1、図2)のようになっています。
しかし、ひとむかし前の治療だと右の図3のように、土台とクラウンが一体型になっているものが主流でした。
この一体型のものの形が、「歯に差す」ようなことから、「差し歯」と現在でもいわれているようです。


制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る