審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ホワイトニングとセラミック治療の比較

歯を白くする審美治療「ホワイトニング」と「セラミック治療」

ホワイトニングとセラミック治療の違い?

歯を白く、というと真っ先に思い起こされるのは、「ホワイトニング」ではないでしょうか。
ホワイトニングは、歯を白くする効果的な方法の一つですが、天然の歯を白くする処置のため、もとの歯質や色味によっては、ホワイトニングで希望の白さを実現できない場合があります。その様な場合には、「セラミック治療」を用いて歯を白くすることができます。

また、ホワイトニングの場合には、毎日の生活等によって、着色汚れが再付着することから、色の後戻りが徐々に生じてしまいます。セラミック治療に用いる材料は変色が起こりにくいのため、ホワイトニングのようにすぐに後戻りする心配はありません。

ホワイトニングとセラミック治療の上手な使いわけ

ホワイトニングの場合は、金属の被せ物や、過去に治療した補綴物が黄色く変色してきた部分を白くすることはできません。白くできるのは天然の歯だけになります。 また、歯の着色の度合いによっては、ホワイトニングでは効果が現れにくい場合があります。

お口の中を総合的に見て、歯の一部が変色していたり、金属だったりすることは、審美的に良い状態だとはいえません。ホワイトニングでは美しくできない部分には、セラミック素材を用いることをおすすめ致します。

セラミック治療を行う際に、真っ白なセラミック素材を選択されると、天然の歯との色の違いが目立ってしまう場合があります。その場合は、天然歯にホワイトニングを行い、セラミック素材で出来た補綴物との色合いをあわせることで、全体の明るさを調整することができます。 お口の状態をみて、適した方法を行うことが大切です。ご自分の歯の状態の確認や、どのような処置内容が適しているかなどについては、歯科医院へご相談下さい。

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る