審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

しみる虫歯の治療

虫歯の治療

象牙質の虫歯
症状:冷たいもの、熱いもの、甘いものがしみる

象牙質まで虫歯が進行している場合は神経を保護する処置をした後、型を取って部分的に詰める治療をします。

<審査・検査>
視診・触診・打診・エックス線診査などで、歯やその周りの状態を調べます。

<診断・治療計画の呈示>
検査結果に基づき治療計画をたてて、その内容を説明します。

<治療開始>
1)局所麻酔をする。(痛みがある場合)
2)虫歯の部分を削る。
3)神経を保護するための薬をつめる。
4)詰め物(インレー)をつくるための型を取る。
5)仮の詰め物を入れる。*歯科技工所などで詰め物(インレー)を造ります。
6)仮の詰め物を外して削った清掃する。
7)詰め物(インレー)を入れてかみ合わせを調整する。
8)咬み合わせの調整終了後、詰め物(インレー)を研磨して歯に接着する。

<治療終了>
治療後は30分くらい飲食は避けて下さい。虫歯が大きくて神経近くまで削っている場合は、治療後にしみる場合がありますが、徐々に治ってきますので、心配は要りません。ただし、ズキズキと強く痛む場合は医師に相談して下さい。

<定期健診>

治療説明TOPへ戻る


歯の名前

歯の役割

虫歯の色々

虫歯以外のトラブル


このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る