審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ホワイトニング後の食事について

ホワイトニングを行うと、歯が白くなりますが、半年くらいから徐々に色が戻り始めるといわれています。また、ホワイトニングの後は、歯に色が付きやすいので色の濃い食べ物を食べることができません。ここではホワイトニング直後に注意したい、気になるポイントをご紹介します。

ホワイトニング後の48時間は気をつけましょう

どのくらいで白くなるの?

ホワイトニング(オフィスホワイトニング)を行った後、約2日間(48時間)ぐらいの時間をかけて、歯の中では歯を白くするための反応が起こるといわれています。
この2日間は、歯が色素の刺激を受けやすい状態なので、なるべく色の濃いお食事やお飲み物を控えていただけると、よりホワイトニング効果があります。

ホワイトニング直後は避けたい飲食物

色の濃い食品
  • ポリフェノールを多く含む食品
    赤ワイン、大豆、ぶどう、ココア、チョコレート
  • お茶、炭酸飲料
    コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラ
  • 色の濃い食品
    カレー、しょうゆ、ケチャップ、ソース、ほうれん草
  • その他着色料を使用した食品

ホワイトニング後におすすめの飲食物

ホワイトニング後におすすめ白い食べ物や色の薄い食べ物
  • 牛乳、白味噌汁、水、白ワイン
  • ご飯、パン、カルボナーラなどホワイトクリーム
  • 白菜、白身魚、うどん、しらす、大根など

もし、色の濃いものを口にしてしまったら?

もし、色の濃いお食事やお飲み物をとられる場合は、なるべく早めに歯を磨いてください。歯を磨くのが難しい場合は、お口をゆすぐだけでも構いませんし、お水を飲むだけでも違います。
また、ホワイトニング後に色の濃いものを食べてしまっても、ホワイトニング前より色が濃くついてしまうということはございません。2日間は、少し気をつけてお食事をおとり下さい。

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る