審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

女性のための審美治療 (3) -妊娠・出産をお考えの女性のかた-

妊娠・出産をお考えの女性のかた妊娠する前に、虫歯や、歯周病、親知らずの抜歯などの治療を終えておくことが望ましいとされています。妊娠初期は悪阻(つわり)や、妊娠後期においては診察台に上向きに寝ることで、腹部大動脈が圧迫され気分が悪くなったり、早産に対する危惧があります。また、妊娠中から授乳期にかけては、薬を使った治療を行うと、胎児や乳児への影響に懸念があるため、治療が難しくなることがあります。
また、妊娠すると身体や生活の変化によって、虫歯や歯周病が進行しやすいお口の環境に傾いてしまいます。したがって、治療すべき箇所は早期に治し、妊娠から授乳を続けたい期間まで、歯のトラブルを起こさないですむようにしておくことをお勧めします。

妊娠をお考えのかた、現在妊娠中のかた

PMTC(クリーニング)
▲ PMTC(クリーニング)
歯周病は、早産や低体重児の危険因子とされています。妊娠前にデンタルドックPMTC(クリーニング)を受けて、お口の細菌を減らしておきましょう。
また、このようなチェックを受けずに妊娠を迎えたかたや、悪阻のためにブラッシングが難しいかたは、母体が比較的安定している「妊娠5〜7ヶ月(16〜28週)」に、歯科でお口のチェックを受けて出産に備えましょう。

ティースクリーニング

親知らずがあるかた

親知らずがあるかた
▲ 普段からの定期健診が
大切です
親知らずは、生え方やお口全体の状態によって、「抜く・抜かない」の判断が異なる歯です。親知らずがあるかた(歯茎の中に埋まっている場合も含む)は、妊娠中に悪影響を及ぼさないか、歯科医師に確認と相談をしましょう。
妊娠中に起こりやすいトラブルとして、歯茎に埋まっていた親知らずが生えだし、反対側のあごの歯茎に親知らずが当たってしまい、痛みを伴うことがあります。また、妊娠すると女性ホルモンの分泌が増加し、虫歯や歯周病が進行しやすく(炎症が起こりやすく)なります。
現在、虫歯や歯周病になっている親知らずがあれば、早期に治療をするか、抜歯することをお勧めします。そうすれば、妊娠中に痛みや薬の服用について、悩むことなく過ごせるでしょう。

吐き気、嘔吐の症状が強いかた

咽頭部を刺激せずにブッラシング
▲ ヘッドが小さい
歯ブラシを選びましょう
悪阻(つわり)のある妊娠初期は、ブラッシングが難しいことがあります。そんな時は、歯ブラシのヘッドが小さい物を選び、顔を下向きにして、歯磨き粉はつけないなどをして磨くと、咽頭部を刺激せずにブラッシングできることがあるようです。
それでも、磨くことが難しい場合は、歯科で相談してみましょう。

いろいろなデンタルケアグッズ、歯ブラシの紹介
歯ブラシ・歯磨き粉の選び方・上手な使い方

現在妊娠中で歯のトラブルを抱えているかた

まずはご相談
▲ まずはご相談
積極的な治療や投薬を避けたい時期は「妊娠12週頃まで」とされていますが、お口のトラブルが生じた際は、まずはお近くの歯科でご相談ください。
お口の状態によっては、胎児に影響がない(または少ない)ように配慮して、治療ができることもあります。場合によっては、必要最低限の応急処置ですませて、安定期や出産後に治療再開となることがあります。

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る