歯医者さんに聞いてみた!

妊娠中に歯が痛い!どうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯医者さんに行くことをついつい後回しにしておくと、虫歯が急に痛み出すことあります。普段なら慌てて歯医者さんでに駆け込んで治療をしてもらうとなんとかなるかもしれませんが・・・

もし、歯が痛みだしたそのとき、おなかに赤ちゃんがいたらどうしますか?

妊娠中に歯が痛い!どうすればいい?

妊娠中は普通の風邪薬の使用さえも制限される状態です。そんなときに、いつもどおりに歯医者さんに行っても大丈夫なのでしょうか。

「妊娠中の口の中はいつもと違う?」に引き続き、妊娠中の歯の治療について女性歯科医師の先生に聞いてみました!

Q.妊娠中に歯医者さんに普通に通ってもいいの?

妊娠中に歯が痛くなること、ありますよね。
別のコラム(「妊娠中の口の中はいつもと違う?」)でもお伝えした通り、妊娠中はお口の中もとてもデリケートで、歯ぐきが腫れたり、虫歯が進行しやすい環境になることが多いです。

以前治療した歯の根の病気が再発した、小さな虫歯など、麻酔が不要の治療に関しましては、妊娠中のどの時期でも治療可能ですが、麻酔が必要な大きな虫歯、神経の治療、抜歯などは、安定期での治療が良いでしょう。

妊娠時特有の歯ぐきの炎症についての治療は、妊娠初期でも問題なく行えます。
※これから妊娠をご希望される方は、妊娠・出産後もお口の健康を保つために、妊娠前から歯科医院でのクリーニングを定期的にお受けになることをお勧めいたします。

簡単な治療なら普段通りに

妊娠中の歯科治療でも簡単な治療であれば普段どおりに歯医者さんで治療してもらえるようで、ちょっと安心ですね。麻酔が必要な治療でも安定期であれば可能とのことです。

ただし、安定期といっても、赤ちゃんの成長とともにおなかが大きくなってくるにつれ、歯医者さんでの治療中の姿勢や時間によっては、思わぬ負担がかかってくるようになるかもしれません。
治療の際は、母子手帳を持参し、必ず妊娠中であることを伝えるのを忘れないようにしましょう。

Q.妊娠中にホワイトニングはできますか?

ホワイトニングに関しては、妊娠中の緊急性が低いと考えられているため、妊婦さんに対する安全性が検証されておりません。

普段からお口の中の健康管理をされている方は、妊娠中のトラブルも起きにくくなります。妊娠を希望している方は、早期に気になる治療はお済ませになることをお勧めいたします。

普段からの歯とお口のケアで、キレイなママに!

先生のお話からも、残念ながら妊娠中の歯のホワイトニングは難しいようです。

でも・・・授かり婚などで妊娠中に結婚式を挙げる場合があるかもしれませんし、上の子の入園・入学式など、妊娠中にセレモニーに出席する機会もあるかもしれません。妊娠中の幸せな思い出を残しておくために、急にマタニティ写真を撮りたくなることもあるかもしれません!そして、赤ちゃんを産んだあとは、何かと記念写真を取る機会も増えてくるかもしれません。

そんなときに黄ばんだ歯の笑顔で写真に残るのは、憂鬱ですね。

将来「キレイなママ」といわれるためには、ママになる前から歯のホワイトニングにも気を使っておくことが必要かもしれません。

ただでさえ、体や心の負担も増えがちな妊娠中、歯の治療で余計なストレスを感じることのないようにしたいものです。

健全な妊娠・出産を迎えるためにも、普段から自分でのデンタルケアはもちろん、歯医者さんの定期検診もしっかり受けておきましょう!

046

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY