歯医者さんに聞いてみた!

妊娠中の口の中はいつもと違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

出産を経験したことがある女性は、個人差はあるものの、何かしらいつもと違う自分の体の変化を感じたことがあると思います。

そんなデリケートな妊娠中の女性の体、お口の中の状態はどうなっているか意識したことがありますか?

妊娠中の口の中はいつもと違う?

自分のためにも、赤ちゃんのためにも、大切な妊娠中のお口の健康管理について、女性歯科医師の先生に聞いてみました!

Q.妊娠中、口の中はどんな状態になりますか?

妊娠中は、実は、歯にとってはとても過酷な時期となります。

まずひとつは、妊娠中のホルモンバランスにより歯肉の炎症が起きやすい、ということがあります。

加えて、つわりにより気分が悪くなり嘔吐しやすくなると、胃酸によってお口の中が酸性化しやすなります。また、嘔吐がなくても、食べづわりによりちょこちょこと常に何か食べることによっても、お口の中が酸性の状態が続き、虫歯菌の働きが活性化してしまい、虫歯にもかかりやすくなります。

Q.歯周病はおなかの赤ちゃんにも影響を与えるって本当ですか?

妊娠中に歯周病のコントロールができていないと、早産や、お腹の中の赤ちゃんが育ちにくい低体重児などの影響が出る場合があります。

これから妊娠を望んでいる方は、婦人科だけでなく、定期的に歯科も受診していただき、妊娠前から歯ぐきの炎症のコントロールを行っていただくことが望ましいです。

歯ぐきの炎症のコントロールや歯周病の治療は、歯石やプラーク、バイオフィルムを除去し、正しい口腔ケアの方法や健康的な食習慣を習得していただくことが大切です。これらは歯周病だけではなく、虫歯の予防にもなります。

Q.虫歯は母親から赤ちゃんにうつるって本当ですか?

生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌や歯周病菌がいません。

虫歯菌や歯周病菌は、 お母さんやお父さんのお口の中のものが移ってしまうことがあります。お母さんのお口の中を綺麗に保 つことは、赤ちゃんの虫歯予防にもつながります。

母子ともに健康にお過ごしいただくためにも、妊娠中の方、これから妊娠をご希望される方は、ぜひ、歯科医師や歯科衛生士を味方にしてください。

妊娠中の口の中はいつもと違う?

赤ちゃんが欲しいと思っているなら、歯とお口の健康チェックを!

妊娠中のお口の状態は、自分で思っているよりも変化が大きいことがあるようです。また、虫歯だけでなく歯ぐきの健康状態も、妊娠中の体や赤ちゃんに影響を与える可能性があるとのことです。

先生のお話からも、いつか赤ちゃんを欲しいと思っている全ての女性にとって、日頃からのお口の健康管理がとても大切ということが分かります。

これから妊活をする方、まさに今妊活中の方、すでに妊娠中の方、自分の体のためにも赤ちゃんのためにも、改めて歯とお口の健康状態をチェックしてみましょう!

妊娠中のお口のトラブル、歯医者さんに行ってもいいか迷うことがあったら「妊娠中に歯が痛い!どうすればいい?」も読んでみてくださいね。

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

歯の色を白くすることで、あなたの第一印象が変わるかも?!

◇ ホームケアと歯科医院の違いって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングはここが違う

◇ オフィスホワイトニングの気になる疑問 ・・・他

歯医者さんでホワイトニングを受けてみたいと思っている方、必読の特集です!

ホワイトニング特集ページを読む

CONTENTS CATEGORY