歯のセルフケア

歯磨き粉の「選び方」、どうやって選んでる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯磨き粉を選ぶとき、どんな基準で選んでいますか?

CMなどの広告に魅かれた、効果が自分に合っている、家族や友達のすすめ…中にはパッケージのデザインで選ぶ人もいるかもしれませんね。

歯磨き粉を選ぶとき、歯磨き粉に配合されている成分を気にしてみたことはありますか?

歯磨き粉の選び方、どうやって選んでる?

自分に合った成分を選ぼう!

歯磨き粉には主に、歯の汚れを落とす「研磨剤」、歯やお口の中を適度に湿らせてくれる「湿潤剤」、口内に歯磨き粉を拡げてくれる「発泡剤」、清涼感を出す「香味剤」、品質を保つ「保存剤」といったものが含まれています。

そしてその基本の成分に加え、虫歯・歯周病予防や歯のホワイトニングなどのための薬効成分が配合されています。

虫歯予防が目的ならフッ化ナトリウム(NaF)、モノフルオロリン酸(MFP)などが入った歯磨き粉を選択しましょう。歯周病予防なら塩化セチルピジウム、クロールヘキシジンに加えて、炎症を抑える成分のトラネキサム酸、オウバクエキスなどの配合されている歯磨き粉がオススメです!

歯磨き粉の製品に歯磨き粉の成分について基本的に細かく記載されていますので、その中身をよくチェックしてみましょう。

歯磨き粉の選び方

歯磨き粉を選ぶときは、虫歯を予防したいとか歯を白くしたいといった目的だけでなく、自分の歯やお口の状態と歯磨き方法に合わせて選ぶことも大切です。

例えば虫歯になりやすい人が発泡剤を多く含んだ歯磨き粉を使うと、発泡剤のせいで歯が磨けたと錯覚してしまって磨き方が甘くなってしまう可能性があります。

また、歯周病が進行している人が研磨剤の入った歯磨き粉を使うことで歯ぐきを傷つけてしまって歯周病が悪化する可能性もあります。

自分に合った歯磨き粉はどんなものなのかわからないという場合は、歯医者さんに相談してみましょう!

歯磨き粉の成分より大事なことがある

自分に合った適切な歯磨き粉を選んで使うということは大切なことですが、実は歯の健康と清潔を保つためにもっと重要なことがあります。

それは、歯磨き粉の効果を期待し過ぎないことです。

歯磨き粉は薬ではありませんので、毎日使っていたら虫歯や歯周病が治るとか、歯が白くなるといった効果が必ず現れるというものではありません。

また、汚れたお皿に洗剤をかけただけではよく汚れが落ちず、スポンジでこすることが必要なのと同じように、歯の汚れに歯磨き粉を付けただけでは汚れは落ちません。

歯磨きでは、歯の健康を脅かす汚れを取るために、しっかりと歯ブラシを使ってブラッシングをすることが大切なのです。そのようなブラッシングができるようにするためには、歯科医院に行って、ブラッシングの専門家に習うことが不可欠です。歯の健康を一生涯保つためには、定期的に歯医者さんに行くことがやはり大切でしょう。

値段の高い歯磨き粉だったから、自分の悩みに合った歯磨き粉を使っているから、と、安心するのは禁物です。歯磨き粉に研磨剤が含まれていれば、大事な歯が擦り減ってしまうこともあります。歯科医院には市販で購入できない歯磨き粉を取り扱っているところが多いです。値段の高い良い歯磨き粉を買うなら、歯医者さんに相談し専門家の勧める質の良いものを購入するのが良いでしょう。

自分の歯やお口の状態に合わせて、歯磨き粉に入っている成分を吟味しつつ、フレーバーや使い心地も試してみて、毎日の歯磨きタイムを楽しくできるようなお気に入りの歯磨き粉を見つけましょう!

※治療結果は患者様によって個人差があります。

>同じようなお悩みが解決されているかも!?歯を白くしたい「クリーニング」のお悩み解決!

044

>ホワイトニングができる《東京都》おすすめ歯医者さんはこちら

>ホワイトニングができる《大阪府》おすすめ歯医者さんはこちら

>ホワイトニングについて知るはこちら

ホワイトニングができる歯医者さんを探そう!

03_ホワイトニングにかかる費用


歯医者さんで行う歯のホワイトニングは、健康保険が適用されない施術のため「自費診療」となります。また、ホワイトニングの方法は歯医者さんによってもかかる費用は変わってきます。


白い歯には憧れるけど、実際問題、お金はどのくらい必要?


ホワイトニングを行っている歯医者さんをチェックしてみましょう!


全国の審美歯科医院を探す

CONTENTS CATEGORY