審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

比較的小さな虫歯に対して行う“ダイレクトボンディング治療”

ダイレクトボンディングについて


▲ ダイレクトボディング 治療機材

ダイレクトボンディングとは、比較的小さな虫歯に対し削った穴に直接合成樹脂をつめて、当日のうちに終了する治療方法です。
セラミックを用いた治療(セラミックインレー)より 費用負担が少なく 、多くの患者さんに喜ばれる治療です。 また、虫歯の部分だけを削りますので、体にとって非常に優しい治療といえるでしょう。
ダイレクトボンディングで使用される合成樹脂は「ナノフィラーレジン」と呼ばれ、粒子が非常に細かく研磨することにより、表面が滑沢になりますので、 汚れがつくにくい・変色しづらいという利点があります。また、いろいろな歯の色に対応できるように、豊富な色調が取り揃えられています。

ダイレクトボンディング治療例 <ケース1>


▲ 治療中

▲治療後

・治療中

もともと保険治療のプラスティックが詰めてありましたが、短期間で変色してしまったそうで、恐らく虫歯の取り残しか、或いは接着の不備があったと思われます。
麻酔をして虫歯を除去したところ大きな穴になりましたが、全く心配する必要はありません。ナノフィラーレジンをきちんと接着することにより、ほとんど目立たないくらいに綺麗に治療することが出来ます。

・治療後

パッと見た限りではどこを治療したのか分からないレベルまで綺麗にすることができました。

ダイレクトボンディング治療例 <ケース2>


▲ 治療前

▲ 治療中

▲ 治療後

・治療前

ガムを噛んでいたら銀歯が取れてしまったとのこと。茶色い部分が少し虫歯になっています。どうせなら綺麗なほうがいい!ということで、それほど高価でないダイレクトボンディングで治療することにしました。

・治療中

虫歯を除去したところです。思ったよりも深かったのですが、ダイレクトボンディングであれば削る量を最小限に食い止めることができます。

・治療後

咬合(赤いインク)を使って咬合状態を確認しているところです。虫歯など最初からなかったかのような綺麗に仕上がり具合になっています。一昔前であれば、奥歯にプラスティックを詰めることは御法度でしたが、ダイレクトボンディングであれば強度的にも十分問題ないといわれています。

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る