審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

保険で行う治療と保険外治療の違い

現在、審美にかかわる歯の治療に関しては健康保険が適応されるものと、適応されないものがございます。ここでは保険適応範囲や、治療法についてご説明いた します。

セラミック・クラウン/インレー

保険内治療
▲ 保険内治療
奥歯に金属の詰め物が入っています。
保険外、自費治療
▲ 保険外、自費治療
セラミック素材を使用した場合

健康保険範囲内の審美治療

■メリット
  • 白い歯
    保険の適応範囲でも白い歯を作れますが、材料は樹脂のみになります。
  • 前歯への適応
    前歯の白い部分はプラスチックしか認められません。また、裏側は保険適応外となり、金属になってしまいます。
  • 素材
    健康保険ではレジンとレジン(プラスチック樹脂)に微細なセラミックを混ぜた複合樹脂である硬質レジンがあります。
  • 費用
    保険が適応されるので料金的負担が少ない。
  •  
■デメリット
  • 素材
    セラミック等は使用できません。
  • 前歯
    前歯への硬質レジンの治療には、保険が適応しますが認められる範囲は歯の表面のみで、裏側は金属になってしまいます。
  • 強度
    樹脂の強度はあまり強くないためしばしば破折をすることがあります。
  • 仕上がり
    また色についても透明度が比較的低いため、セラミックのような自然な色は出にくくなります。
  • 天然歯との比較
    欠点としては、水分吸収し変色しやすく耐久性もあまり優れていないこと、透明感やつやの問題もあり天然歯と同じように作ることが困難であるといえます。

健康保険範囲外の審美治療(セラミック、金)

■メリット
  • 身体への影響
    生体親和性が高いため体にやさしく,金属アレルギーの心配もありません。
  • 自然な仕上がり
    裏側まで全てセラミックを用いたものがオールセラミックで、自然な仕上がりになります
  • 自然な使用感
    歯とほぼ同じ硬さなので、咬み心地も優しく安心で、金属の透過による歯肉の黒変や金属自体の露出もありません。
  • 二次的虫歯の予防
    その他適応外としては、ゴールド修復があります。金も生体親和性が高くアレルギーが起きにくい金属で、延展性があるので抜群の適合性を有するため、隙間より細菌・唾液の浸入が少なく、二次的な虫歯を発生しにくいため長持ちします。
  • 強度
    金は腐食に強く適度な弾力と固さがあるため隣の歯や咬み合う歯の負担が少なく、歯を支える組織に過度な負担をかけないなど多くの利点があります。見た目を気にしなければ奥歯に関しては、最適な材料のひとつといえます。
■デメリット
  • 費用
    セラミック、金は保険適応外になり,料金的負担が比較的大きい。

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る