審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯が欠けてしまったら…

欠けた後の治療方法は?交通事故、スポーツ、転倒などによる外傷や、虫歯によって歯が欠けた場合、その直後の注意点や、欠けたことによる問題点、欠けた後の治療方法などにについてご紹介します。
※事故による外傷を受けた方へ
労災保険や損害保険の治療対象となるかどうかについては、その保険会社の担当者とよくご相談ください。

欠けた直後の注意点

出血している場合は、痛みが強くなるのを防いだり出血した箇所からの感染などを防ぐために、速やかに歯科で処置を受けましょう。出血していない場合でも、粘膜や舌や唇などを、欠けた部分によって傷つけてしまう恐れがあるため、早期に受診することをお勧めします。すぐに歯科で治療を受けることが難しい場合は、粘膜や舌や唇など当たらないように注意して過ごしましょう。

欠けた後の問題点

歯が欠けたままで放っておくと、粘膜や舌や唇などを傷つけるだけではなく、さらに歯が欠ける、虫歯になりやすくなる、噛み合う歯が延びるなどの新たな問題が起こることが考えられるため、早期に歯科へ受診し適切な治療を受けましょう。
また、神経が損傷した場合に放っておくと、歯の色が黒っぽく変色することがあります。

欠けた後の治療について

審美治療をお勧めします治療後のより良い使用感や審美性をより求める方には、審美治療をお勧めします。健康保険の治療は、悪くなった部分を治すことを目的としていますので、使用する材料や治療方法が限られ、見た目についてはあまり考慮されません。
審美治療は、その枠にとらわれずに、見た目や機能性を追求した治療となります。したがって、健康保険の範囲外となることがほとんどで、その場合は全額自己負担で治療を受ける自由(自費)診療となります。

歯の神経(歯髄)にダメージが無い場合

欠けた範囲が小さく、神経を取らずに済む場合はダイレクトボンディングやラミネートベニアなどの治療が受けられるでしょう。

ダイレクトボンディング

欠けた部分にハイブリッドセラミックを詰める治療です。ハイブリッドセラミックは、自分の歯のような色調が再現でき、詰めた部分が変色しにくいという特長があります。
また、費用を抑えたい場合は、保険治療でコンポジットレジンを詰める治療法がありますが、食べ物の色素や歯の汚れ(プラーク)が付きややすいため、経年的に詰めた部分の着色が目立つことがあります。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削って歯型を取り、セラミックやハイブリッドセラミックで出来た薄片(つけ爪のようなもの)を作製して貼り付ける治療です。
主に前歯に行う治療で、自分の歯を最小限に削って、歯の形や色などの改善を行うことができますが、噛み合わせやお口の状態によっては、治療が難しいこともあります。

歯の神経(歯髄)にダメージがある場合

欠けた範囲が大きく、歯の神経(歯髄)を取る必要があるが、"歯の根っこ"を残すことができる場合は、セラミック治療が受けられるでしょう。
損傷の程度が大きく、歯そのものを抜く必要がある場合は、入れ歯治療やブリッジ治療、インプラント治療があげられます。

セラミック治療

セラミック治療歯の神経を取り除き、薬を詰めて土台を入れた後に、見た目や素材が優れた補綴物(オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなど)で見た目を改善させる治療です。セラミック治療は、自分の歯のような色調が再現でき、補綴物が変色しにくいという特長があります。
費用を抑えたい場合は、保険治療で前歯なら硬質レジン前装クラウンや奥歯なら銀歯を被せる治療法があります。硬質レジン前装クラウンは、食べ物の色素や歯の汚れ(プラーク)が付きややすいため、経年的に着色が目立ちやすくなります。また、銀歯は時間が経つと腐食しやすく、そこから再び虫歯になることが考えられます。

インプラント治療

インプラント治療インプラントとは、失った歯の部分に人工歯根(チタン)を埋め入れる治療です。外科手術を伴いますが、周囲の歯に負担をかけることなく、歯本来の機能を取り戻すことができます。
なお、お口やお身体の状態によっては、治療が難しいことがあります。

ブリッジ治療

ブリッジ治療両隣の歯を削り、3歯分の人工歯(ブリッジ)を被せて、抜けた1本分の歯を補う治療です。両隣の歯に負担をかけてしまいますが、素材が優れた補綴物(オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなど)で治療を行うことにより、より自分の歯に近い見た目を再現することができますが、空気がもれて発音が難しくなることもあります。
費用を抑えたい場合は、保険治療で前歯なら硬質レジン前装クラウンや奥歯なら銀歯を被せる治療法があります。

入れ歯治療

入れ歯治療自分自身で着脱可能な部分入れ歯(バネ付きの人工歯)を入れて、抜けた1本分の歯を補う治療です。部分入れ歯を使用することにより、バネをかける歯へ負担がかかることと、経年的に顎の骨がやせてしまう(吸収する)ことなどの問題があります。
見た目や使用感を求める場合は、保険診療は適用されず、自由(保険外)診療となります。自由(保険外)診療はたくさんの素材から選ぶことができるため、「バネが目立たない入れ歯」や「軽くて薄い入れ歯」など患者様のご希望に近づける部分入れ歯を作製することができるでしょう。
費用を抑えたい場合は、保険治療になります。保険治療の入れ歯は、歯にかけるバネ以外はプラスチックからなりますので、厚みが出てしまい、食べ物の温度や味が伝わりにくいことがあります。

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る