審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯の変色の原因

歯の変色の原因には、大きく分けると外因性のもの、内因性のものの二つに分けられます。

外因性のもの

  • たばこ、コーヒー、赤ワインなど飲み物や食べ物の色素や、汚れが歯に付着したもの
    クリーニングにより元の歯の色に戻ります
  • 虫歯
    虫歯治療をおこないます
  • 詰め物や、かぶせ物の変色や、その材料から出るイオンによるもの
    詰め直し、またかぶせなおしをおこないますが、イオンによる変色はホワイトニングは効果がありません

内因性のもの

加齢による黄ばみ
エナメル質が磨耗により薄くなり象牙質の色が透過しやすくなる事により黄ばんで見えます
薬(テトラサイクリン)による変色
歯の形成期にテトラサイクリンを服用すると変色が起こります。変色の程度により第1度から第4度に分類されます。ホワイトニングの対象は、第2度までで、第3度では根気よくホワイトニングを繰り返すことによりおおむね対処できますが、第4度ではホワイトニングで目立たなくする程度です。第3第4度では、ラミネートベニアの選択が賢明です。
フッ素によるもの
高濃度のフッ素により、軽度では歯に白斑ができたり重度の場合は黒褐色に着色する。軽度はホワイトニング重度はラミネートベニアにより対処します
神経を取った後の変色
神経の取り残し等でその取り残した神経が腐って変色をおこします。内部からの漂白(保険適用)または、さし歯により対処します

テトラサイクリンによる変色の分類

  • 第一度 淡い黄色、褐色、灰色で全体が一様に着色、縞模様がないもの
  • 第二度 第一度より色が濃いもの
  • 第三度 濃い灰色、青味がかった灰色で、縞模様があるもの
  • 第四度 着色が強く、縞模様も著名なもの

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る