審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

短期間で美しい歯並びにする“クイック矯正”

クイック矯正とは、歯を動かして歯列を整える通常の矯正治療よりも短い期間で行える矯正治療法です。セラミックの被せ物(人工補綴物)を使用しますので、「セラミック矯正」や「補綴矯正」、「差し歯を使った矯正」と呼ばれることもあります。

▲ 治療前

▲ 治療後
症例の程度にもよりますが、出っ歯、すきっ歯、乱杭歯(らんぐい歯)、八重歯と言われる歯並びを、セラミックを使って短期間で整えることができます。具体的には、白い素材のクラウンを使用して歯並びを美しくしたりします。矯正治療というよりも、正確には、審美治療に当たります。

クイック矯正の最大のメリットは、歯列を動かす通常の矯正治療よりも短い期間で美しい口元を作ることが出来ることです。治療で整えた歯並びが後戻りするこ ともありませんので、保定期間も不要です。また、歯並びを綺麗にすると同時に、歯を白くすることができます。セラミックを使用しますので、自由に色や形を設定することができ、半永久的に「綺麗に整った白い歯」を保つことができます。

クイック矯正では、どんな治療をするの?


▲ セラミックで出来たクラウン(被せ物)
クイック矯正は、歯の上部を小さく細く削る、または土台を取り付けて、その上にセラミックのクラウンを被せて歯並びを整える方法で、患者さん自身の歯根を利用します。通常の矯正治療は、時間をかけて、歯根ごと歯の位置をずらして歯列を整える治療ですが、クラウンを使ったクイック矯正は、歯根は動かさずに、 きれいな歯並びになるように形成した歯や土台に人工歯(クラウン)を被せて、短期間で歯列を改善する治療法です
ただ、歯の形そのものを変えて歯列を整える矯正法になりますので、場合によっては歯の神経を除去することがあります。当院では、できるだけ神経を残す治療を心がけていますが、どうしてもご要望に添えない場合があります。また、歯の位置を動かさずに歯並びを整えられる範囲には限界がありますので、通常の矯正治療でなければ対処できないケースもあります。咬み合せの全体的な改善も、クイック矯正では対応できないことがあります。詳しくは、カウンセリング時にご説明いたします。
院長:米本 久史先生
資料提供
赤坂歯科クリニック
院長:米本 久史先生
医院紹介ページ >>

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る