審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯を失った方の審美歯科

インプラントによる審美治療

事故や虫歯で不幸にして歯を失ってしまう場合があります。 前歯を1本失ってしまった場合、従来の治療方ではブリッジを 使用していました。これは左右の歯を利用して被せ物を取り付ける方法ですが、左右の 健康な歯までも削る必要があります。

近年登場したインプラント(人工歯根)治療は、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。インプラントを使用すると左右の歯にダメージを与えることなく失った歯を回復します。また、横の歯と違和感のない自然な仕上がりの歯を被せることが大事ですが、セラミックの被せ物を使って天然の歯に近い仕上がりにするのが審美インプラントです。

審美インプラント治療のメリット

  • 自分の歯と同じように噛むことが出来ますので、違和感がありません。
  • 健康な隣の歯を削ったりするような処置が必要ありません。
  • 見た目も自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

インプラントQ&A

Q 誰でも出来るのでしょうか?

通常年齢的には成長期が終わってからが対象となります。また健康であれば年齢に特に上限はありません。糖尿病などの全身性の疾患がある場合は状況によって異なりますので、先生にご相談ください。

Q 手術が嫌なのですが...

インプラントは専用の器具で精密に外科処置をしますので、一般的には歯を抜くよりもあとの治りが良好です。

Q 治療が終わるまでどれくらいの期間がかかるのですか?

インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には 3ヶ月から6ヶ月待ちます。その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。

Q 自分の歯のように噛めるのですか。

はい。インプラントはあごの骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が連結されますので違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じ感覚がよみがえります。

Q インプラントの寿命は?

インプラントは人体との親和性に優れ、腐食しにくいチタン素材を使用していますが治療後の清掃を怠りますと天然の歯と同様に歯槽膿漏になり抜け落ちることもあります。インプラント治療を受けた方は特に口の中の衛生状態に気をつけ定期的に検診を受けることが長持ちさせる秘訣です。

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る