歯のセルフケア

歯を白くするっていうホワイトニングの歯磨き粉、本当に効くの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドラッグストアなどで歯を白くするとうたわれているホワイトニングの歯磨き粉。

その値段が数千円するものなどもありますが、実際に効果はあるのでしょうか?

 歯を白くするっていう歯磨き粉、本当に効くの?

汚れが落ちるから白くなる?

市販で販売されているホワイトニング歯磨き粉の歯を白くする仕組みは、歯の汚れを落として本来の歯の白さを取り戻すというものが多いです。

研磨剤によって歯の表面に付いている着色汚れを落としたり、イオンの力を使って歯の汚れを浮き上がらせ、着色汚れを落としやすくするというものなどがあります。

歯の黄ばみの原因が、色の濃い飲食物による着色汚れ、タバコのヤニなどによる汚れであれば、こういった歯磨き粉を使うことで歯が白くなると感じられるかもしれません。

ただし、この場合は汚れが落ちて歯が白くなっていると感じるだけで、歯そのものが白くなっているわけではありません。

ちなみに海外では過酸化水素という成分が配合された、歯そのものを漂白するタイプの歯磨き粉やホワイトニングケアグッズもあるようですが、日本では法律により過酸化水素の含まれたデンタルケア用品の一般販売は禁止されています。

歯を白くしたいときの注意点

歯を白くしたいと思ってブラッシングするときには注意が必要です。

特に一番注意していただきたいのは、歯や歯ぐきへのダメージです。

黄ばみや汚れを取りたいからといって、ゴシゴシと力を入れすぎたブラッシングを続けていると、歯や歯ぐきに思わぬダメージを与えてしまうことがあります。

強すぎるブラッシングで歯ぐきが下がってしまったり、知覚過敏などの症状がでることも。

また、最近の歯磨き粉には粒子の細かい歯に安全でやさしい研磨剤が配合されるようになってきていますが、強い研磨剤が使われている歯磨き粉や、力を入れ過ぎたブラッシングによって歯の表面のエナメル質に傷がついてしまうことがあります。

エナメル質に細かな傷がついてしまうと、その傷のデコボコに汚れが付きやすくなり、歯の色ムラや黄ばみの原因になってしまう場合もあります。

さらにエナメル質がすり減っていくとその奥にある象牙質の色が透けてしまい、逆に歯が黄色く見えるようになってしまったりする可能性も。

歯を白くしたいと思ってホワイトニング歯磨き粉を使用しても、間違った歯磨き、ブラッシング方法では逆効果となってしまうことがあるのです。

とにかく優しく磨く!

ブラッシングは通常でもあまり力を入れる必要はありませんが、ホワイトニング歯磨き粉を使う場合には、特に歯ブラシを持つ手に力を入れ過ぎず優しく歯を磨きましょう。

大切な歯や歯ぐきに傷をつけないよう、注意してくださいね。

自分のブラッシング方法に自信が無いという場合は、歯医者さんでブラッシング指導を受けてみるのもオススメです。

また、ホワイトニング歯磨き粉は、歯医者さんのホワイトニングとは違い即効性がないので、時間をかけて少しずつ白い歯を取り戻すイメージで気長に使っていきましょう。

ただし、歯の黄ばみには着色汚れ以外にも様々な原因がありますので、ホワイトニング歯磨き粉では改善されない場合もあります。

毎日歯磨きをしてるのに白くならない、早く白い歯にしたい、というときは、歯医者さんでホワイトニングの相談をして、自分の歯の黄ばみの原因に合ったホワイトニング方法を探してみてもいいかもしれませんね。

体験レポート!「ポリリン酸ホワイトニング」でデュアルホワイトニング

ポリリン酸ホワイトニング

歯医者さんでのオフィスホワイトニングと自宅でのホームホワイトニング組み合わせたデュアルホワイトニングをやってみた体験レポート!

しかも、ホワイトニングの時の痛みが気になる方や、食事制限が気になる方にもトライしやすいポリリン酸ホワイトニングで体験しました!
ポリリン酸ホワイトニングとは、歯がしみたり痛みがでることが少なく自然な白さと透明感が出るというホワイトニング方法のひとつです。

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングではどんなことをするのか、デュアルホワイトニングではどのらい歯が白くなるのか、気になるホワイトニングのこと、チェックしてみてくださいね!

体験レポート ポリリン酸ホワイトニング を読む

CONTENTS CATEGORY