審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

自宅で行う簡単ケア 歯間ブラシ

2018.07.17

歯間ブラシの選び方

歯間ブラシには「SSS」から「LL」まで様々なサイズがあります。お口の中の状況も一人一 人違います。ご自分の歯ぐきの状態や使いたい部位に合ったサイズを選ぶことが重要です。歯間ブラシを選ぶ時の一つの目安として、歯間ブラシを挿入した時、 無理なく(抵抗なく)動かせるサイズを選ぶようにしてください。また、サイズ「SSS」が挿入できない時はデンタルフロスを使用してください。

使いましょう。歯間ブラシCheck!

該当する項目がひとつでもあれば、歯間ブラシを使用してみましょう!
・歯と歯の間に“すきま”がある
・食べ物が歯と歯の間にはさまりやすくなった
・欠損歯(歯が抜けているところ)がある
・部分入れ歯やブリッジ、インプラントを装着している
・矯正装置をつけている

歯間ブラシを使うときの注意点

歯ぐきの損傷・歯面の摩耗
ブラッシング時に力を入れすぎて歯ぐきを損傷したり、ブラシのサイズが合っていなかったりすると、歯面を摩耗(少しづつ削って)しまうことがあるので、注意が必要です。歯間ブラシのサイズ選択や使用にあたっては、必ず歯科医師、歯科衛生士の指導のもと、正しいブラッシングを行いましょう。

歯面にあたっていない例
歯と歯の間が広い場合は、ブラシに多少角度をつけて動かすようにしてください。

記事ご協力
院長 : 大木 理史

青山外苑東通り歯科クリニック

院長 : 大木 理史 この医院の情報を見る