審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

神経のある歯・神経のない歯をホワイトニングする方法

2018.07.17

歯を白くさせるホワイトニングには、神経のある歯と神経のない歯で方法が変わります。ホワイトニングの治療方法や注意点などをご紹介します。

このようなお悩みをお持ちの方が主に受けられています

【神経のある歯】
・口元から見える歯だけを白くしたい
・生まれつきの(治療はしていない)歯の色が気になる
セラミック治療を受けると同時に、その隣の歯も白くしたい

【神経のない歯】
・歯の中にある神経(歯髄)をとる治療を受けたが、徐々に歯が変色してきたので白くしたい

ホワイトニングの治療方法

【神経のある歯】
オフィスホワイトニング
歯科医院にて受ける治療で、主に歯科医師や歯科衛生士が施術する方法。薬剤を歯に塗り、医療用のライトを照射して歯を白くさせる。
ホームホワイトニング
自分自身が自宅で行える方法。マウスピースに薬剤を入れて一定時間装着し、歯を白くさせる。
ラミネートべニア
歯科医院にて受ける治療で、歯の表面を薄く削り薄いセラミックをつけ爪のように貼り付けて白くさせる。(神経のない歯でも可能な場合があります)

【神経のない歯】
ウォーキングブリーチ
歯科医院にて受ける治療で、歯の裏側を削りホワイトニング剤を内部に入れて、浸透させて白くさせる。
・歯のマニキュア
歯科医院にて受ける治療で、歯の表面に白い流動性樹脂を塗布し光を照射し樹脂を固めて、1ヵ月~3ヵ月程度暫間的に歯を白くさせる。
被せ物
歯科医院にて受ける治療で、歯を削り白い歯の被せ物を付けて白くさせる。

ホワイトニングを行う際の注意点

・オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングやウォーキングブリーチの効果は個人差があり、施術後の歯の色について正確に予測することはできません。状態によっては、艶のない白さになることもあります。
・テトラサイクリン(抗生物質の一種)の影響で歯が変色している場合、状態によってはオフィスホワイトニングやホームホワイトニングの効果が現れにくいこともあります。歯科医師の診断を受けて、よくご相談ください。
・オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは神経のある自分自身の歯に作用させる方法ですので、被せ物や詰め物に対して白くさせる効果はありません。被せ物の色を変えたい場合はそれぞれ作り変えが必要となります。
・歯科医師の治療方針や患者様のお口や健康状態によっては、上記のようなホワイトニングを受けられないこともあります。詳しくは、治療を希望される歯科医院であらかじめご相談ください。

メリットとデメリットを確認し、自分自身に合った治療方法を選びましょう。