審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ももさん(長野県)の相談

カテゴリ:歯が欠けてしまった

前歯に亀裂が入ってしまったのですが、どのような治療がありますか?

深い位置にまで亀裂が及んでいない場合は、
,修里泙淪融劼鬚澆
白い材料で詰める(欠損を伴う場合)、又は接着剤で亀裂部分を固定する
歯の前面だけ白い素材のものを貼り付ける、又は歯牙全体を被せる
などの方法があります。

△諒法は後日その部分が変色してくる可能性があります。
の白い素材を貼り付ける方法は自費診療となりますが、それ以外の方法は保険内診療、自費診療の両方があります。

歯牙破折は歯の先端から亀裂が入ることが多く、この場合当該箇所を修復しても噛み当たることによってまた欠けてしまいます。したがって、さほど大きな亀裂でなくても全体的に修復した方が良いこともあります。


亀裂が深い位置にまで及んでいれば歯の神経の治療から必要になります。その場合は既に凍みたり痛んだりしていると思います。よほど大きく割れていない限りは抜歯にならず、神経の処置後は上記の△の方法に移行します。


最後に忘れてならないのは歯牙破折の原因です。たまたま硬い物を噛んで亀裂が入ったとか、何かがぶつかってというような外傷による場合は修復処置で良いのですが、夜間の歯軋り、食いしばり、咬みしめ癖といった不良習癖や、その歯に負担のかかりやすい歯並びなどの誘引がある場合には同じ箇所に破折を繰り返しますので注意が必要です。



相談を投稿する