審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ミヤさん(長野県)の相談

カテゴリ:その他

初めて相談させて頂きます。

以前から歯並びが悪く、上の前歯は中央2本が重なるような状態になっていて、その左右の歯は、1本は中央の歯の下になる感じで、もう片方は他の歯列より半分以上も上から生えてるとゆう複雑な歯並びです。
それ以外にも歯茎の状態が出血する事もあるくらい悪くなっています。
ここまで酷い状態で歯並びを治すことは可能ですか?
また歯科へ行くより、審美歯科へ行った方が症状的にも良いのでしょうか?

ご返答お願いします。

  • ミヤさん [長野県 29才 女性]
  • 御返答ありがとうございます。

    周りには自分ほど酷い歯並びの方がいないため、相談も出来ずにずっと悩んでいました。
    今回この様な丁寧なアドバイスを頂き本当に嬉しかったです。
    一度先生の病院で相談出来ればと思うのですが可能でしょうか?
    結論から申し上げますと見た目の歯並びを治すことは可能です。
    その方法としては
     〇科矯正治療
    ◆“柑してブリッジ(連続した歯のかぶせもの)で対応
     ,鉢△諒四
    ぁ,修梁
    などです。

    しかし、注意しなければいけない点もあります。

    まず上顎前歯部の2本が重なっている訳ですからその分上顎の歯並びにはズレがあり、結果的に口腔内全体の上下顎の咬み合わせ位置は正常ではありません。これが臨床的に許容できる範囲内でない場合は治療期間が長くなります。もし、これを無視して治療を進めると治療終了後しばらくしてから後戻りまたは何らかのトラブルが発生します。

    次に歯と歯が重なり合っているところは、歯を支える骨が無くなりやすいところです。したがって、歯茎の状態も悪くなり歯磨きで出血しやすくなります。それが重度に進行している場合は、抜歯が前提での治療が必要になります。


     最終的な治療のゴールは、患者さんがどこまでを希望されるのか、期間、費用、治療方法に対する希望などから決まっていくことになると思います。担当医師と十分に話し合っていただきたいと思います。 
     私の診療所の例ですが、既に結婚式の日取りが決まっていてその日までには治療を完了しなければならず、口腔内全体の診査は行ったものの前歯部のみの処置での治療を行ったケースがありました。各患者さんにより事情が異なりますので画一的な治療というものはありません。


     現在の日本の法律では「審美歯科」を標榜することはできませんので、「審美歯科」と書いてなくても相当する治療を行っている歯科医院はあります。一番確かな情報源は、身近で同じような治療を行った方からの口コミだと思います。なかなか外から見た感じやインターネット上の広告だけではわかりにくいですので、何箇所か足を運んで説明を聞きながら決めていくのが良いでしょう。



    相談を投稿する