審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

れもんさん(福岡県)の相談

カテゴリ:すきっ歯

すきっぱにならずデメリットが最小限の治療法はありますか

私の歯は、前歯と下の歯の前歯?がすきっぱで五ヶ所ほどの隙間があります。
一生すきっぱにならずデメリットが最小限の治療法はありますか?
それと治療する場合はどのくらいの期間を費やしますか?
それと治療しなくても、これから歯の間に隙間がなくなるという可能性はありますか?もう歯は変わらないんでしょうか。

回答
問題を整理しますと、上と下の前歯の歯と歯の間に隙間があるということですね。

まず原因ですが、〇の本数が足りない、∋の大きさが足りない(幅が小さい)、歯並びが前に広がっている 以上の3つの原因が考えられます。

 ↓△両豺腓砲六にかぶせ物をする、若しくは部分的な矯正治療をした上でかぶせ物をする、隙間が小さい場合にはプラスチックを歯に盛り上げる。
などの治療が考えられます、期間は矯正治療を除いて一ヶ月もあれば済むと思います。

の場合には矯正治療が第一選択になってくると思います、期間は3年程度は見ておいた方が良いでしょう。

歯の位置というものは本来前歯に隙間が出来ないように動く性質がありますが、それでも隙間があるということは何かの問題があると考えられます、そう考えると今後自然に隙間がなくなることは考えにくいですね

いずれにしても専門的に回答するには情報が少なすぎますのでここに挙げた以外の原因もあるかもしれません、なるべく早く歯医者さんの相談してみてください、場合によっては数件の先生の御意見を聞くのもよろしいかと思います。



相談を投稿する