審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯列矯正

歯列矯正は歯移動することにより歯並びを整える治療です。治療期間は個人差がありますが、おおむね1年半から3年程度です。

適応症

八重歯 俗に言う八重歯です。
よく八重歯が気になって歯医者で抜くということをよく聞きますが、犬歯は決して抜かないでください。
噛み合わせで非常に重要な歯なんです。
これを抜いたほうが良いという歯医者はかみ合わせの事を知らないと考えて間違いありません。
乱杭歯 俗に言う乱杭歯です。
すきっ歯 俗に言うすきっ歯です。
矯正による治療が望ましいのですが、時間がないなどの事情がある方は多少のリスクはありますがラミネートベニアにより治療することもあります。
出っ歯 俗に言う出っ歯です。

その他

受け口 受け口の場合程度により外科的矯正(顎の手術)などが必要な場合があります。
顎関節症 噛み合わせを回復することにより顎関節症の治療などにも歯列矯正は有効ですが、はじめの病状の程度によっては完全に治癒しないこともあります。また矯正中に一時顎関節症の症状が悪化することもあります。
注意 最近見た目のみを重視した矯正治療が行われていることがあり、噛みあわせが狂っているため顎関節症などを起こしてしまう原因となっています。
歯列矯正はあくまで噛み合わせを正常にする(歯の機能を回復する)ための治療で、その結果見た目もよくなるというようにお考えください。

装置について

矯正治療は口の中に装置が装着されます。その装置が目立っていやだとお考えの方もおられますが、最近日本でも歯並びが悪いままほっとくのはだらしないなどの考え方になってきてるようです。
装置が入っているほうが、がたがたの歯の笑顔より清潔感も信頼性もあり良いと思うのは私だけでしょうか。
接客業などで装置は入れられないという方もおられますが、人と接するならなおさら歯並びは大切でしょうし、いまどき装置を見て笑う人はいないと思います。
さすがにぎんぎらぎんはまずいでしょうが今は透明で目立たないものが使用されることが多くなりました。
矯正装置図

歯並びが悪いと次のようなことが問題になります。

  1. 審美性(見た目)
  2. 虫歯
  3. 噛みあわせ
  4. 歯肉炎
  5. 顎関節症

歯並びが悪いと次のようなことが問題になります。

矯正にかかる期間は?
個人差がありますが、おおむね2〜3年かかります。

よくある通院2、3回の短期矯正とどう違うんですか?
短期矯正は歯を削って差し歯にすることにより歯並びをよく見せる方法で、特殊な事情ですぐに並びをよくしたい方にはいいでしょうが、そうでない方はリスクが多すぎるためお勧めできません。リスクを踏まえても短期矯正をお望みの方はセラミックによる審美治療にて対応させていただきます。

痛みはないんですか?
多少歯が浮いたような痛みがあります、ただし装置を装着してから1週間程度です。

歯列矯正を受けられる年齢は?
今では年齢的な問題はありません。歯周病や、顎関節症等などの治療目的で老人の方が矯正治療を受けられることもあります。

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る