審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯周病菌とPMTC(クリーニング)

中高年の8割が歯周病菌を持っています

歯を失う大きな原因は歯周病(歯周炎歯肉炎)です。歯周病は、細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)が、歯と歯ぐきの隙間である歯周ポケットに住み着くことで発生します。20歳代までは、この歯周病菌をもっている人は少ないのですが、50歳代以降では約8割の人が持っているといわれています。
歯周病になると細菌がどんどん症状を悪化させ、歯が1本2本と抜けていくようになります。この病気が恐ろしいのは、口の中だけの問題ではすまないということです。
放置していると、歯周病菌が血管に入り込み、血流にのって全身の臓器に影響を与え、肺炎や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などさまざまな病気を引き起こす一因となるのです。

予防の基本はデンタルプラークのコントロールです。そのためには、毎日のブラッシングが鉄則となりますが、それでも歯石や汚れの取り残しがでてしまいます。
自宅では難しい歯石の除去も、歯科医院でクリーニングを行うことにより除去ができます。

クリーニング症例

クリーニング前 width=クリーニング後
クリーニング前 width=クリーニング後
クリーニング前 width=クリーニング後
島田歯科医院
資料提供
島田歯科医院
医院長 : 島田 健雄

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る