審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ななさんの相談

カテゴリ:素材について

イーマックスe-max

  • 投稿者 なな さん [43才 女性 会社員] 2015/07/04/ 07:52
  • カテゴリー 被せ物について 素材について 治療済
  • お悩みの歯 上あご右1番 上あご右2番 上あご右3番 上あご左1番 上あご左2番

イーマックスを前歯に入れたところ
以前のセラミックより、はるかに透明感がありません。

イーマックスは透明感があるとの話は聞きますが本当なのでしょうか。

土台は金属ではないです。

また、本物のイーマックスかどうかは
歯科医や技工士の方が見れば分かるものでしょうか。

ななさんこんにちは。

イーマックスは透明感が高く、審美的な前歯治療によくもちいられる素材です。

ただもし透明感に問題があるのであれば、ひょっとしてステイン法で着色されたのでは?

具体的に説明すると、セラミックは大きく分けて3つに分類されます。

 |枩考僖札薀潺奪
◆.ぁ璽泪奪ス等の2酸化ケイ素系
 ジルコニア
の3つに分類されます。
もちろんそれ以外にも沢山ありますが、代表的なのがこの3つです。

透明感としては 筬◆筬 となります。
ただ、強度としてはその逆になります。

そもそもオールセラミックが無かった時代のメタルボンドは、メタルをフレームとして、そこに,涼枩考僖札薀潺奪を盛る事で作っていました。
すなわちセラミックonメタルです。

そして最近になり、△筬Eの強度の高いセラミックが開発され、金属と違い、,砲藁瑤襪發里里修海修海龍度があるためにフレームとして使い、その上に,涼枩考僖札薀潺奪を盛る事で、ある程度の強度と、透明感の高い歯が得られます。
すなわちセラミックonセラミックですね。俗に言うオールセラミックです。

これが一般的な前歯に行う「筑盛法」という手法ですが、

奥歯となるどんなに硬いフレームでも,離札薀潺奪が壊れる事があり、,涼淦考僖札薀潺奪を用いずにイーマックスをそのまま使用する事もあります。

ただ、歯茎に近い部分と先端の部分にグラデーションを付けるため、絵の具のようなもので、色塗りをすることがあり、これを「ステイン法」と呼びます。

また、奥歯以外にも、歯軋り等がひどい方は,使えないので、前歯であっても、やむを得ずイーマックスの「ステイン法」で対処する事もあります。

さらに、イーマックスにも数種のブロックがあり、あえて透明性を無くしたイーマックスもあります。これは、メタルコアに使うと、メタルの色を透かしてしますから、その時用の為ものです。

ジルコニアとイーマックスの違いはレントゲン等でわかりますが、イーマックスが本物かどうかは、どんなに審美に精通された方でも、見ただけでは分からないと思います。

詳しい事情は分かりませんが、
おそらくななさんの担当の先生も、歯軋り等の何かを考慮されてそういう選択をなされたのではないでしょうか?

もう一度、担当医の先生とお話になられる事をおすすめいたします。
いろいろとお悩みなことだと思います。
イーマックスは透明感はありますがセラミックのような
歯の端の方の透明感や皺などはご指摘のようにセラミックの
方がいいと思われます。
また、技工士さんによりイーマックスの製作方法、技量がことなり出来上がりが違い歯科医や技工士がみてもわかる場合とそうでない場合があります。



相談を投稿する